購入と賃貸のメリットとデメリットをそれぞれ挙げて比較しています。

都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜
都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜

購入か賃貸か

家を購入するのか、賃貸住宅に住み続けるのか迷っている方は少なくありません。
まずはそれらのメリットを比べてみて比較してみる必要があります。
まず賃貸物件のメリットとしてはすぐに引っ越しができるという点を挙げることができるでしょう。
近所でトラブルがあったり、何か問題があったさいには引っ越せばよいだけですので、その点が気楽です。
またひとによっては様々な場所で住むのが楽しいという方もいます。
仕事の都合などで引越さなればならないという時にも自由に動けるというのはメリットでしょう。
また分譲と違ってローンを組みませんので、ローンのストレスなどもなく気楽だという点もポイントです。
しかし賃貸の場合にはいくつかのデメリットがあり、例えば高齢だったりすると借りにくくなってしまったり、ペットなどが自由に飼えなかったりします。
また大家さんの持ち物ですので、リフォームやメンテナンスを勝手にできないというのもデメリットかもしれません。
さらにトラブルなどによっては追い出されてしまうこともあります。
ではこれらの賃貸のメリット、デメリットに対して購入の場合にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
まずはメリットですが、資産になるという点を挙げることができます。
ある調査によりますと分譲でも賃貸でも結局生涯に払う金額はそこまで変わらないという結果になっているようですが、それでも分譲の場合には買った家が資産になります。
とくに戸建ての場合には土地が残りますので、資産価値としてはかなり大きいと言えるかもしれません。
さらに分譲の場合には自分の好きなようにリフォームやメンテナンスすることができますし、マンションなどの場合構造なども賃貸マンションとくらべて優れている場合が少なくありません。
たしかに遮音性や断熱性などの基本的な性能を求めるのだとしたら、賃貸マンションよりも分譲マンションのほうがオススメです。
では分譲の場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。
まずはローンによる借金を挙げられますが、場合によっては賃貸よりもかなり高い金額を毎月支払わなければならなくなることもあります。
さらに持ち家になるので、引越さけなればならなくなった際に手続きなどが面倒くさいという点もあります。
分譲賃貸マンションのように貸出すこともできますが、契約中は自分の家に住めなくなってしまいますので、これも不便だといえるでしょう。

関連サイト

Copyright (C)2017都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜.All rights reserved.