銀座に住むというと驚くかもしれませんが、徒歩で10分〜15分圏でしたら住むのも問題ありません。

都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜
都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜

銀座の住み心地

東京銀座というと賑やかなイメージがあると思いますが、住むとなると難しいと感じる方も少なくありません。
たしかに銀座1丁目から8丁目は世界の一流ブランド、百貨店、大企業の本社、ホテル、有名なレストランにバーやクラブなどがあり、住居には向いていないかもしれません。
しかし歩いて10分〜15分圏でしたら生活しやすい街並みになっています。
銀座線、丸の内線、日比谷線から歩いて10分くらいの場所ですと八重洲、京橋、八丁堀、築地、新富などがありますし、入船、湊、明石町だと15分もあれば歩いていけるでしょう。
ちなみに4丁目交差点から築地市場までは約800mになっていますので、魚好きにもオススメです。
それで銀座から隅田川であれば街並みも落ち着いてきますので、住むにも最適のエリアだといえるでしょう。
このエリアはどちらかというと下町風の雰囲気があり、小規模な建物も多くなっています。
新大橋通り沿いや新富、入船、湊を中心にコンパクトなシングル向きを中心とした新しいマンションもありますので、物件を探せばかなり探すことができるかもしれません。
休日などには、隅田川に沿った散歩コース、隅田川テラスなどを散歩するというのも良いですし、区役所や図書館、税務署も近くにあるので、何かの手続きなどの際には非常に便利です。
気になるこれらのエリアの相場はどうなっているのでしょうか。
銀座中心部からの距離が遠ければ遠いほど安くなりますが、それでも相場はワンルーム、1DKマンションで10万円〜15万円ほどと高く設定されています。
2DK以上では18万円〜22万円くらいですし、さらに広ければそれ以上に費用がかかってきてしまいます。
また変わった物件では、屋風の民家や元々倉庫だった建物が賃貸物件として出されるケースもあります。
これらの物件では改装可になっている場合がほとんどですので、自分でオシャレに変えて住みたいというニーズにも応えてくれます。
なによりもそのような物件は安くなっていますので、便利で安い物件を探しているのであれば最適でしょう。
これらのエリアは家賃の相場としては高くなってしまいますが、銀座という世界を代表する都市に住むことができるという気分はなかなか代えがたいと言われています。
最近ではインターネットで簡単に物件を探せるようになっていますし、ルームシェアなどで安く住むという方も増えてきています。
金額的に難しいと思ってもまずは不動産会社などで探してみると良いかもしれません。

Copyright (C)2017都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜.All rights reserved.