敷金や礼金は地域によっても差がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜
都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜

敷金や礼金について

礼金、敷金というのは、賃貸マンションやアパートに住むさいに必要になる費用のことです。
関東方面では一般的に敷金と呼び、関西方面では保証金とよばれたりもしますが、この敷金というのは、家賃の滞納や部屋を引越すときに、修理が必要になったときなどの保証金として使われます。
逆に言えば家を綺麗につかったり、家賃の滞納などがなければそっくりそのまま退去の際に返してもらえるというわけです。
それとは対照的に返ってこないお金といわれているのが、礼金というものです。
この礼金というのは大家さんなどに直接支払うお金で、そのまま大家さんのものになってしまいます。
物件などによっても違いがありますが、多いところではこれらの家賃、敷金を合計すると家賃の4倍くらいになってしまうものがあります。
しかし場所が変われば風習もかわるわけで、とくに礼金などは地域によってはかなりの差があります。
例えば北海道、京都、兵庫、愛媛、福岡などでは、礼金という仕組みがありません。
そもそも礼金というのは、地方から都会に上京して一人暮らしを始めるときに、親族が大家さんに子供の世話をお願いするという気持ちを込めて支払ったものが習慣化したものだといわれています。
そのような過程もあって、首都圏では礼金を取っているケースが多いのですが、上記に挙げた地域ではそのようなものがありません。
では敷金に関しては地域差はあるのでしょうか。
敷金というのはいわば、保障になるお金ですので、まったくのゼロというのはあまりありません。
しかし調査によりますと北海道から関東にかけては、敷金は1〜2カ月程度、東海エリアは2カ月程、関西から九州にかけては3カ月〜4カ月程になっているようです。
関西で敷金が高い理由としては、「敷引き」という制度を挙げることができます。
これは一定額を補修や修繕のために退去時に差し引く制度ですが、差し引かれることがはっきりしているという点が敷金との違いだといえるかもしれません。
この敷引きの金額は意外にも高く、場合によっては家賃の6〜8ヵ月が最初に敷金として払い、その半分〜6割程度が敷引きとしてとられてしまうという物件もあります。
賃貸物件などを見ていると立地条件や賃料の安さなどに注目してしまいがちですが、敷金や礼金にも注意していないと、せっかくの貯蓄が住み始めと共になくなってしまうかもしれません。
最近では探すと敷金、礼金がゼロという物件もありますので、探してみると良いでしょう。

Copyright (C)2017都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜.All rights reserved.