高齢者になってからは介護付きマンションなど住まいに関しての変化が必要になる場合があります。

都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜
都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜

高齢者の今後の住まい

高齢化がすすむ日本ですが、高齢になってからどのような生活スタイルを送るのかを若いうちから計画しておくことは重要です。
高齢になれば健康状態に自信がなくなり、ひとり暮らしが不安になってきますので、場合によっては食事などのサービスをしてくれる高齢者向け住宅のほうが良いバイアもあるでしょう。
支えてくれる伴侶がいたり、世話をしてくれる子どもがいる場合には、今の住宅に住んだままでも良いかもしれませんが、状況によって選択肢がわかれる部分だといえるでしょう。
最近では東京、大阪、名古屋といった都会部分では、かなりの高齢者向けの住宅が建てられており、選択肢はかなり広くなってきました。
例えば分譲タイプのシルバーマンションから生活相談、24時間見守り、食事サービスなどの付いた生活サービス付きの高齢者専用賃貸住宅もありますし、同じスタイルの住宅でも、場所によってサービス内容が異なることも珍しくありません。
場合によっては順番待ちになっているような施設もありますので、元気な内にさまざまな施設に出向いて情報収集をしておくのは良いことです。
さらに高齢者専用住宅で注意しなければならないのは、もし本格的な介護が必要になってしまった場合、24時間対応の介護サービスの提供がないので住む続けることができなくなってしまうという点です。
それで高齢者専用住宅に行くというではなく、住み慣れた今の家に住んだまま介護ステーションの食事や清掃、入浴などのサポートを受けて自立するという選択肢も良いかもしれません。
またなかには高齢になってから住み慣れた土地を離れて別の都市で暮らすという方もいるようですが、セキュリティがしっかりしているようなマンションでは、外部の人間が中に住む高齢者の安否を容易に確認することができずに孤独死してしまうケースも跡を絶ちません。
そのようなわけで、若いうちから意識的に地域との関わりをつくっておくことは非常に重要だといえるでしょう。
しかし場合によってはどうしても介護の助けを借りなければ生活できなくなってしまう状況になってしまう場合もあります。
そのような場合に注意しなければならないのが、介護施設でかかる費用の面です。
高齢者施設のなかには食事代などを込めると月額40万円もかかってしまうところもあります。
なかには都心部の古い集合住宅やビル、廃校など使われなくなった公共施設などを利用した比較的安価な施設もありますが、それらは人気になっていますので利用が難しい場合もあります。

Copyright (C)2017都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜.All rights reserved.