フリーレント物件は家主によっても借主によっても大きなメリットがあります。

都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜
都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜

フリーレント物件について

部屋探しをするために賃貸マンションや賃貸アパートを探している場合、ひとつの選択肢になるのがフリーレント物件でしょう。
フリーレントというのはその言葉のとおり、部屋を契約した場合には最初の何ヵ月間は家賃が発生しないというものです。
もともとは事務所や店舗等の事業物件の空室を解消するために生まれたフリーレントですが、今では賃貸マンションや賃貸アパートでひろく活用されています。
一定期間家賃がないというのは、貸主にとってあまりメリットがないのではないかと思われるかもしれませんが、何ヵ月間も空き室のまま放置しておくことに比べればまだメリットがあるといえるわけです。
また家主のなかには、家賃そのものを下げて空き家対策をする方もいますが、物件を転売するときには、そのときの物件の賃料が売値に影響してきますので家賃を安くしているとそのアパートの価値も下がってきてしまいます。
フリーレントの場合は今の家賃などを変えなくても、最初だけ無料にすればよいので転売などを考えているなら、フリーレントにしてほうがメリットは大きいといえるかもしれません。
またこれは部屋探しをしている人からしても大きなメリットがあり、賃料が少し安くなるよりも、引越し直後の家賃を数ヶ月無料にしてもらったほうが助かるといえるでしょう。
このようなフリーレント物件ですが、最近では増加傾向にあるといわれています。
以前ですとフリーレント物件は首都圏に多く存在していましたが、ここ数年で宮城県、群馬県、茨城県、石川県、熊本県などでもみられるようになってきています。
このように増えてきているフリーレント物件ですが、もしそのような物件に住もうとしているならいくつか注意点があります。
このフリーレント物件には、たいていの場合は解約に関する条件があり、フリーレント期間のみの入居は違反になるようになっています。
それで1年以内に退去する場合には違約金を2ヵ月分払うとか、最低1年以上は入居することなど決められていますので、しっかり契約書などを確認しておくことが重要です。
一般的に賃貸アパートやマンションに引っ越す際に初期費用というものがあり、場合によっては何十万円もかかってしまいます。
それでフリーレントでしたら初期にかかる費用を安くすることができますので、まとまった金額がないというような場合に重宝する物件でしょう。
不動産会社などに相談するとフリーレント物件をいくつか紹介してくれます。

関連サイト

Copyright (C)2017都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜.All rights reserved.