貸しオフィスを選ぶ場合にポイントになる点をいくつか紹介しています。

都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜
都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜

貸しオフィス選びのポイント

これから起業をするという場合、重要になるのが賃貸オフィスの場所ではないでしょうか。
実際にオフィスの場所というのは、集客や起業イメージ、コスト、資金繰りに影響を与えますので慎重に決める必要があります。
ではオフィスを決めるさいにどのような点に注意できるのでしょうか。
まずはその企業の潜在顧客層についてかんがえることができます。
学生を対象にするのであれば学園がある近くにオフィスを借りるなどですが、まずはターゲットを絞ることが重要です。
駅の沿線数・潜在顧客数なども重要です。
どのような場合でもターミナル駅の近くにオフィスを構えると便利です。
またもし車や徒歩でのアクセスを想定するのであれば駐車場などをしっかり確保しておく必要があります。
またわかりやすさも重要です。
ちかくに分り易い目印があったほうが有利になりますし、通りや信号を渡る回数なども少ないほうが道を覚えやすいでしょう。
さらにその企業で企業イメージなどがある場合、そのオフィスをどこにするのかでもだいぶ印象が変わってきます。
また注意しなければいけない点としてはエリア競合がないかどうかという点も挙げられます。
同業他社が多くいる場合などは衝突してしまいますし、売上などもわるくなってしまうことでしょう。
さらに自治体の創業融資の借入を検討している場合には都道府県や市区町村によってかなり融資条件などが異なってきますので、あらかじめ各自体体の融資条件などをリサーチしておく必要があります。
しかしこの場合注意しなければいけないのは、融資を受けた後、返済が終わるまで本店所在地の移転が制約されてしまうという点でしょう。
このようなポイントを抑えて貸しオフィスなどを探すことができます。
さらに変わったサービスとして、バーチャルオフィスというものがあります。
これはオフィスとしての住所機能だけをレンタルするというもので、法人登記の本店所在地住所利用、郵便物などの受取代行、固定電話番号の提供、貸し会議室などを活用することができます。
企業したばかりでスタッフなども少ないというのでしたら、バーチャルオフィスで事足りるということもあるでしょう。
さらに社長1人での起業などスモールビジネスで起業するような場合、自宅をオフィスとしてしまい無駄な出費を減らすという方法があります。
しかしこのような方法やバーチャルオフィスの場合には特有のデメリットなどもありますので利用の際には注意が必要です。

Copyright (C)2017都内・賃貸物件の住み心地〜土地柄や家賃など〜.All rights reserved.